機能性食品生活

さかな暮らしダブルの認められた効果は?


さかな暮らしダブル

商品名さかな暮らしダブル
販売元有限会社マイケア
機能性関与成分EPA・DHA(EPA 600mg・DHA 260mg)
届出日2016/12/28
発売日2017/03/01
内容量180粒約1ヶ月分
返金保証

さかな暮らしダブルは、EPA・DHAが配合された機能性表示食品です。一般に流通している多くのEPA・DHAサプリと比べて、EPAとDHAの配合量が多く、1日当たり860mgのEPA・DHAが配合されています。また、価格もお手頃でコスパが良いことも特徴です。さらに、品質にもこだわりを持って作られているので、安心なサプリメントを摂取したいと考えている方にとって、嬉しいサプリメントとなっています。

さかな暮らしダブルの成分は?

EPA、DHA

EPAとDHAは、魚に多く含まれている脂質の1種です。記憶力を維持する働きや、中性脂肪を低下させる働きがあると言われ、注目を集めています。そのため、健康に欠かせない脂質として知られています。EPAとDHAは、体内で合成することが不可能なので、食事から摂取する必要のある必須脂肪酸に分類されています。また、EPAとDHAは、氷点下でも固まらない性質があるため、サラサラ油とも呼ばれることがあります。

EPAとDHAは、どちらも魚に含まれる脂質ではありますが、DHAよりもEPAの方が、血中に取り込まれやすいという特徴があります。一方で、EPAよりもDHAの方が、認知力のサポートする働きが優れていることが知られています。また、EPAは、必要に応じて体内でDHAに変換されるのですが、DHAがEPAに変換されることがないことも知られています。そのため、EPAを十分に摂取できていれば、DHAも補給していることになると言われています。よって、DHAだけではなくEPAも摂取することが大切なのです。

しかし、日本人の魚介類摂取量は、食の欧米化に伴って、どんどん減少しており、平成20年には、魚の摂取量よりも、肉の摂取量の方が多くなっているという結果が出ているのです。そのため、魚の摂取量減少に伴い、EPAとDHAの摂取量も減少しているのです。四方を海に囲まれた日本人は、昔から魚を食べてEPAやDHAを多く摂取してきました。しかし、近年の魚離れにより、全ての世代において、EPAとDHAの1日の目標摂取量である1000mgを下回っていることが分かっています。そのため、健康への影響が懸念されているのです。

さかな暮らしダブルには、新鮮なマイワシ、カタクチイワシから採られたEPAとDHAが配合されています。その量は、1日当たりEPAが600mg、DHAが260mg含まれており、860mgのEPA・DHAを摂取することができるようになっているのです。そのため、さかな暮らしダブルを摂取すれば、目標摂取量の86%を補うことができるのです。しかし、EPAやDHAは脂質なので、酸化が心配な方も多いのではないでしょうか。さかな暮らしダブルは、イワシ油を精製する原料段階で、ビタミンEが配合されています。そのため、精製加工する際に起こりうる酸化ストレスを防止し、フレッシュな状態をキープさせているのです。

さらにさかな暮らしダブルに配合されているEPAとDHAは、高度に精製され、潰瘍由来の有害物質が取り除かれています。製造ごとに検査が実施されており、重金属類や放射性物質が検出されていないことが確認されているのです。そのうえ健康食品GMPHACCP有機JASなどの、安全性に関する厳しい認証を取得した製剤工場で作られているので、安心なサプリメントを選びたいと考えている方にとって、嬉しい商品となっているのです。

クリルオイル

EPAやDHAは不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸です。不飽和脂肪酸は、脂質の中でも酸化しやすい性質があります。酸化した油脂を摂取すると、体内の細胞を酸化させて、様々な悪影響を及ぼす可能性があるのです。健康のために摂取していても、健康を脅かしてしまうリスクがあるので、品質には十分気を付ける必要があります。そのためさかな暮らしダブルには、EPAとDHAの酸化を防ぐために、クリルオイルが配合されています。

クリルオイルは、アスタキサンチンを含有していることで知られる油です。南極オキアミから採ることができる油であり、南極で漁獲された希少な油としても知られています。濃厚な赤色は、ビタミンEの約1000倍の抗酸化力を持つと言われるアスタキサンチンによるものです。さかな暮らしには、このクリスタルオイルが100mgも配合されています。そのため、EPAやDHAの酸化防止に役立っており、さかな暮らしダブルは製造後2年間で、成分の減少や劣化がほとんどないことも確認されているのです。

認められている効果

人の名前がすぐに思い出せない、鍵をかけ忘れるなどのうっかりが増えた、2つ以上のことを同時に行うことができなくなった、歩いている時に人とぶつかったり、物につまずいてしまうことが増えたなどのお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。加齢とともに、頭の力は衰えてしまうものです。しかし、EPAとDHAには、それを抑えてくれる働きがあると言われています。なぜなら、EPAとDHAは、世界中の研究により、記憶力をはじめ、注意力、判断力、空間認識力などの多くの機能の維持に役立つことが報告されているのからです。また、EPAとDHAには、血中中性脂肪を低下させることで、血液の健康を保ってくれる働きがあると言われています。血液は、頭を含め全身に栄養を運ぶ働きがあります。そのため、EPAとDHAは、健康を基礎から支えてくれる優れた健康成分だと言われているのです。

そのため、物忘れや注意力不足が気になる方、血中中性脂肪が高めの方、普段あまり魚を食べない方、運動不足や不規則な生活を見直したい方などにとって、EPA・DHAは嬉しい成分となっています。

そんな、EPAとDHAが配合されたさかな暮らしダブルには、血中中性脂肪を減らす働きがあり、中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部(記憶力、注意力、判断力、空間認識力)を維持する作用があると言われているため、機能性表示食品として届出されているのです。

副作用は?

さかな暮らしダブルに配合されているEPA・DHAは、魚に含まれている成分であり、長年サプリメントとして摂取されてきた成分です。そのため、健康な方が適量を摂取した場合は、安全であると考えられています。しかし、大量摂取をした場合は、吐き気、鼻血、げっぷなどの副作用が報告されているので、摂取目安量以上の量を摂取することは避けてください。また、ワルファリンなどの血液をサラサラにする薬を飲んでいる方は、EPAやDHAを摂取すると、出血時に血が止まりにくくなる恐れがあるため、医師や薬剤師に相談してください。また、何らかの疾病がある場合や、医薬品を服用中の方は、医師や薬剤師に相談してください。

さかな暮らしダブルの正しい飲み方

飲むタイミングはいつでもOKです。自分の飲みやすいタイミングで飲むことがおすすめです。量は、1日6粒を目安に、水などで噛まずに飲んでください。さかな暮らしダブルに配合されている魚油は、高度に精製されているため、強いニオイはありません。しかし、吸収率を重視した溶けやすいカプセルとなっているため、飲んでから30分ほどはげっぷをした際に、少し魚のニオイがする場合があります。

健康な成人を対象に作られた商品なので、未成年の方や妊娠中。授乳中の方は飲むのを控えてください。特に、お子様の場合はカプセルを喉に詰まらせてしまう可能性があるため、保護者の目の届く範囲で使用してください。甲殻類やゼラチンにアレルギーを持っている方は、摂取を控えてください。

さかな暮らしダブルの最安値は?

公式サイト2,520円
amazon‐円
Yahoo!ショッピング‐円
楽天‐円
ポンパレ‐円

さかな暮らしダブルの解約方法は?

初めて購入される方を対象に、WEBサイト限定で全額返金保証が付いてきます。そのため、商品到着30日以内なら、商品に満足できなかった場合に、全額返金してもらうことができるのです。もし返金を希望する場合は、商品到着から30日以内に事前連絡する必要があります。そして、開封済みの空き容器を含めた全品を返送してください。しかし、その際の送料は、自身で負担する必要があります。もし、2袋以上同時に購入した場合には、2袋目以降を開封してしまうと、返金の対象外となってしまうため、注意してください。

とくとく便で購入した場合の注文内容の変更・中止は、商品のお届け予定日の7日前までに連絡する必要があります。

お問い合わせ先は以下の通りです。
フリーダイヤル:0120-188-188
(受け付け時間AM8:00~PM9:00、年中無休)
(問い合わせ時間AM9:00~PM6:00、土・日・祝日休み)
FAX:0800-100-1188(24時間無料受付)
電子メール:info@mycare.co.jp(24時間受付)

さかな暮らしダブルまとめ

EPAとDHAには、血中の中性脂肪を減らすとともに、認知機能の一部を維持する働きがあることが報告されています。そのため、高齢化が進む今の日本で、これからますます注目を集める栄養素であると考えられます。

さかな暮らしダブルは、1日分の量にEPAとDHA が860mgも配合されているので、魚不足が気になる方でも、手軽にEPAとDHAができる嬉しい商品だと思います。また、酸化しやすいEPAとDHAの酸化を防止するために、クリルオイルが配合されている点もポイントだと思います。

スポンサーリンク